請求負担軽減の伝送ソフト|老後を楽しく暮らしたいならサービス付き高齢者向け住宅に住もう
夫婦

老後を楽しく暮らしたいならサービス付き高齢者向け住宅に住もう

請求負担軽減の伝送ソフト

婦人とパソコン

数ある伝送ソフトの中で

日本は高齢化により、介護事業は年々増えています。一方介護保険の事務業務は複雑であり、制度もすぐ変わる為、対応に追われる現状です。介護保険の請求業務の負担を軽減すべく、介護伝送ソフトが普及しだし、国保連への請求業務は格段と便利になりました。伝送ソフトはインターネットとパソコンさえあればでき、伝送処理忘れや未請求防止機能等、多くの種類と機能が販売されています。ケアネットメッセンジャーはその伝送ソフトの1つで、価格の安さと充実したサポート体制で注目されています。ケアネットメッセンジャーでは法改正にも対応しており、更新も業者が行ってくれます。価格も初回手数料3000円、月額利用料1000円で利用でき、インターネット接続があれば、複数台のパソコンから同時ログインが可能である魅力があります。

知っておくべき事項

操作も楽で万が一のトラブルも、手厚いサポートがあるケアネットメッセンジャー。ただ、導入時には2つの事を理解しておく必要があります。1つが申込まで2ヶ月は必要である点です。契約者さの取り交わしや口座振替などの事務の関係で、申込すぐには利用できません。毎月26日までの申込みで最短で翌々月の請求から始められます。2つ目は複数事業所で導入する場合ですが、委任状にミスがないようにしなければなりません。ケアネットメッセンジャーでは、必ず委任状を提出する必要があります。法人で複数事業所を抱えており、全ての事業所に導入する際、どこか1つでも委任状提出に不備があると法人全体で使用ができないようになります。使用できない期間は媒体請求で対応することになります。