女性とシニア

老後を楽しく暮らしたいならサービス付き高齢者向け住宅に住もう

高齢者向けの賃貸住宅

車いすの男性

日本の現状

日本は世界の中でも一番高齢化のスピードが早い国です。全人口の中で高齢者が占める割合を高齢化率と呼び、高齢化率が7%を超えると「高齢化社会」、14%で「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」と言います。日本は2007年にすでに21%を超え超高齢社会となっています。ちなみにここで言う高齢者とは65歳以上の人を指しています。もちろん元気な高齢者もたくさんいますが、年齢を重ねていけば必然的に介護が必要になるリスクは高まってきます。そのため、高齢者施設をどんどん増やす方向で国も政策を進めていますが、その中でも今後大幅に増えていくことが予想されているのが民間業者が運営主体となるサービス付き高齢者向け住宅です。

他の施設との違い

サービス付き高齢者向け住宅は「安否確認」と「生活相談」というサービスが付いた高齢者専用の賃貸住宅です。高齢者向けと聞くとお風呂や食事が一緒の共同生活というイメージを持つ人も多いでしょうが、サービス付き高齢者向け住宅にはキッチンや浴室が部屋ごとについていて、外出や外泊なども自由にできるところがほとんどです。食堂や浴室などの共用設備もあり、食事に関してはオプションサービスとしているところが多いので、最初のうちは自分で料理をし、作るのが大変になってきたら食事サービスを利用するなど生活状況に合わせて変えられるのもメリットと言えるでしょう。最近では介護付きのサービス付き高齢者向け住宅も増えてきています。

請求負担軽減の伝送ソフト

婦人とパソコン

介護事業で介護保険の請求業務に負担がかかっている事業所は、ケアネットメッセンジャーという伝送ソフトを使用するのを推奨します。法改正しても業者が更新作業を行ってくれるので安心です。しかし、口座振替などの手続きのため、申し込むと即座に使用できるわけではない点は押さえておきましょう。

詳細へ

保険料請求を簡単に出来る

パソコンを操作する人

介護保険制度はとても複雑で、介護保険請求業務を行う介護従事者の負担は少なくありません。特に人材が不足しているところはなおさらでしょう。そこで、業務の効率化やコスト削減を手助けしてくれる介護保険請求ソフトの導入は非常に有効なのです。

詳細へ

安心して暮らせる施設

シニアとレディ

高松の有料老人ホームの中でも特に人気があるのは、スタッフの支援を受けながら自立した暮らしが実現可能であり、アクセスにも恵まれた施設です。郊外エリアで住宅型の施設を選ぶのが、割安な料金で有料老人ホームに入居するコツであり、必要に応じて医療のサポートも受けられるので安心です。

詳細へ